GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      



 東京スカイツリーにのぼって来た。
 634mという高さは地上から見上げれば低くはない。高さとは周りとの比較で決まる。標高634mの大地に立っても高いとは感じない。周りがみな634mでは高さは0に等しい。だからスカイツリーは高く見える。これがビルだったらこれほどでもないだろう。底面 積が少ないのにヒョロリと天にまっすぐ伸びているから、比較対象物との差が大きいから、なおさら高く見える。
  子供のころ木に登った記憶はみなあるだろう。うまいこと足がかかるくぼみなり、枝を探して手を伸ばして木に登る。1mでも地上より離れればそこは世界が違う。日頃の目線とは変わって目の前が開けたような気分になる。自分より上にのぼっている年上の友達がいると、その子の見ている目線がうらやましくって、追いついてそこまで登っていこうとする。その子の見ている風景は今僕が見ている風景よりもっと凄いに違いない。
  この予測は疑いの余地はない。なんとか頑張ってその高さまで登ると、苦労して登っただけの甲斐はある。さっきまですごいと思っていた風景がまるで陳腐に見えてきてしまうのである。ということはもっと上に登れば、今感動しているこの風景が大したものでなくなってしまうということだ。つまりこれは切りがないお話なのだ。
  その切りのないお話の続きがスカイツリーに登ったお話となる。第一展望台350mを経由して第二展望台450mまで上がると、周りにはなにもない。羽田空港を飛び立った時に飛行機の窓から見ている風景であるが、不思議なことに風景が動かない。飛行機ではないから、これは建物の窓だから…。
  1分の1の東京のリアルな地図が目の前に現れている。完全なる俯瞰の位 置である。完全なる鳥瞰図である。グーグルマップでスケールアウトしていく時に途中で見る写 真である。しかしこれは今現実の風景である。マップではない。地上では何が起こっているのだろうか? そんな気分になる。つまりここと地上は別世界である。
  すべてのものが450m以上先にある。車が小さく真下で動いている。目線を450からどんどん先に延ばしていくと、動いているものが可視できなくなる。大概の動いているものは小さなものであるから、遠くからは判別 できない。すると、この今私が見ている東京の街がみな止まってしまっているのではないか、時間が止まっているのではないかという気分になった。
  1時間後地上に降りてきた、電車に乗りスカイツリーを見る。私はあのタワーから見た風景を記憶していた。そうして私はまた東京の地図の中を移動している、地上の時間は止まってはいない。 

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ