GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      











 今年の元旦の日記です。三日坊主の三日前!?今年はカンボジアで新年を迎えました。

 2004/01/01
 朝7時タプローム遺跡へ向かう。30分ほどで西門に到着する。ゲートは上の石が、いまにも崩れ落ちそうなほど危険な状態である。しばらく森の中の道を行くと、石畳の参道がある。この参道は大地が揺れたが如くうねっている。その先に見える寺院も垂直水平が歪んでいる。まるで震度7の地震のあとのような景色である。
 シェムリアップの地域はその昔、隣国タイに何度も侵略を受けている。アンコールワットもタイが支配していた時代もある。ジャジャマハール8世が再びタイから取り戻したとき地名をシャムリアップ(シャム=タイ、リアップ=チャラになる)に改名した。しかしこの寺院はそんな人災による崩壊ではない。かといって地震による一瞬の天災でもない。ではいったいなにか?その犯人は現在もこの寺院に住み続けている。
 私の目の前にその住人が姿を現した!石垣の壁を鷲掴みにしている、その手は空に向かって伸びており、その先には緑の葉が覆い茂っている!そうです、その姿の正体は樹木なんです。タップロームのあちらこちらに木の根が石造りの建物に絡み込んでいる。石と石の隙間に木の根が入り込み、長い年月をかけて、万力のように少しずつ石と石の接着面をこじ開けて行く。その結果木々は石から大量のボンドがムギュとはみ出てきたような状態になっている。石を木が押し動かす!500年、700年という時間をかけて地道にがまん強くつき進んだのである。
 ジャジャマハール8世はこの寺院に観音様を奉り、生命の神秘を説いた。権力は後に崩壊しこの寺院は忘れ去られ、誰の心を動かすこともなく、森につつまれ、暗闇に飲まれていった。しかしその歴史上空白の時間がとんでもない造形を自然は創作してしまった!今、私の前にあるその物は、人工物でもなく自然物でもない融合した境界線がぼやけている。あちらとこちらの融合している最中の姿、堅い殻を押し破って孵化しようとしている姿、重量という瞬きが時間という重さに押されている姿である。その結果、皮肉にもこの寺院が伝えようとしていた生命の力を今の私たちに見せてくれている。
(アーティスト)




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ