GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      



 いわき市立美術館で開催されていた福田繁雄展で、ギャラリートークとワークショップを行った。作品を解説するということは評論家、学芸員という専門の方がいるのだが、私は作家であってその専門職ではない。だけど作家の気持ちは推測できる。美術史的にとか、社会的にという外から個人をカタチつけていくのではなく、同じ作家として、作品を創造する衝動、苦悩、喜びは、わかる気がするので、内から福田作品を検証しようというスタンスでやらせてもらった。
  福田さんは東京藝術大学での恩師である。現在、私は大学でその立場に就いているわけだが、私の作品を私の教え子がこんな具合に話す時が来るのだろうか。「こいつ勝手なこと言いやがって」と想うに違いない。そうやって人々は誤解を積み重ね、誤解で歴史が作られる。絵はそういうものである。正解がないので、みんなすべてが正解でもあるけれど、同時に誤解でもある。誤解が多い作品ほど世の中に広まる。誤解が多くできる作品ほど有名になり、その作家は著名になる。多くの評論家が取り上げる作品、作家というのは評論家、美術史家が独自の考えを織り込みやすいからである、つまり誤解しやすいからということになる。
  喜多方市でハートマークビューイングのワークショップを行った。1日目は民家の中で?のアップリケを作った。2日目はそれぞれが作ったものを繋げる予定であったが、雪が降り、一晩で20センチくらい積もったので、笹竹にアップリケをつけて雪の中に飛び出した。予定にはなかったことだけれども、素直に反応するとこういうことになる。誤解というものもだれも無理にはしてはいない。素直に反応すると大概こうなるのである。
  美術の世界はこれが大いに歓迎されるが、集団社会の中ではなかなかそうはいかない。そうはいかないけれど、これからの社会というものは、個々の要求があるからこそ、魅力ある社会になる仕組みをつくっていかなくてはならないのではないだろうか。

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ