GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175 176 177                      



 飛行機の窓から富士山が見えた時に、いつも思い出すことがある。
  私が小学校6年生の時のことである。岐阜市に流れる長良川の河原で、冬になるとクラスのみんなで凧揚げに行くのが、通 っていた小学校の行事であった。竹ひごと和紙で4人1組のグループで凧を作る。子供の身長ほどの大きめの凧を作り、何度も校庭で飛ばしてみてはバランスとかを調整する。まっすぐスルスルとはなかなか揚がってはくれない。しっぽの長さとか、糸の付ける位 置とかを試行錯誤しながら仕上げていく。
  よく揚がるようになったと思ったら、糸が切れて墜落したうえに骨が折れて意気消沈したり、揚がりすぎて糸がなくなり、手元からするりと抜けて遠くの空に飛んで行ってしまい、グループのみんなで学校を飛び出してひたすら凧を捜索しに行って午前中の授業どころではなくなり、戻ってきたら給食の時間になっていたりと、みんなが興じる一大イベントであった。
  いよいよ凧が出来上がり、明日は長良川に行くぞという前日に、凧にそれぞれのグループが文字を書くことになった。龍とかは定番である。希望とか、夢とか、書き初めに近いイメージの字を書くのが通 常である。このときに私たちのグループの吉田周というのが、ある言葉を書こうと提案した。その言葉が「富士山が見えます」というフレーズであった。
  私は何を言っているのかよくわからなかった。なにやら長ったらしい言葉で、見た目の字ずらもさえないし、いっそ富士山だけのほうが決まりがよいのではと思った。しかし一風変わっていて面 白いかと、グループ内ではそうしようということになり、長良川へと挑んでいった。
  そして当日、私たちの凧は見事空高く上がる。そのときに吉田周ことよっちんの才能に驚いた。凧が私たちにしゃべっているのである。「富士山が見えますよ!!」って。よっちんスゲー!なんて奴なんだお前は!そこにいたみんなも凧からのメッセージにびっくり、そして凧が見ているであろう富士山を私たちは想像することが出来たのだ。  私は飛行機から富士山が見えた時、凧になった気分になる。 

(アーティスト)
※紙面に掲載される画像はモノクロになります。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ