GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41
42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62
63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83
84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104
105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125
126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146
147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167
168 169 170 171 172 173 174 175                          










 田舎からはいろいろなものが送られてくる。学生のころは食材であったり衣類であったり。段ボール箱には、こんなもの送らなくても買えるのにという、極々日用品が隙間を埋める緩衝剤のように、はいっていたりする。そのなかに見なれた文字の手紙が一枚はいっている。要はこれが送りたかったのだなと、封筒を開けるが「身体に気をつけて」などという、特別な用事もない内容のものである。中身のない内容の手紙だから緩衝剤がないと潰れてしまう。故に手紙の周りに日用品緩衝剤が必要となって来ると言う事である。
 便りがないのはよい便りという便りは、わざわざ言うまでではないけれども、ちょっと気にはなっている、ついでに声をかける程度がちょうどイイ加減なのだけれど、という微妙な間合いがそこにはある。その微妙な行動は、タバコを買うのに自販機ではなくって、コンビニに行って、ついでになにかないかな―と、買う当てもないのにブラブラ店内をひととおり一周することと似ている?いや、親心をコンビニなどと同等にしては失礼千万かなと一瞬思ったりしたけど、最近はコンビニに育てられている子供も多いようだから、それでもいいのかも。
 先日、私の田舎から段ボール箱がひとつ届いた。その中にはとんでもない緩衝剤が入っていた。それはランドセル、私が使っていたランドセルなのである。何年ぶりの御対面だろうか?「とってあったんだ」という驚きと、自分の記憶の中にある、消えかけていた風景が突然急激に明白になった大魔術を見せつけられた観客になってしまった。
 黒くて使いこんだ革は、久しぶりに顔をみせた友人のように「全然連絡しないで、どうしていたんだよ。まあ便りがないのはよい便りっていうからなぁ。どこかで元気でやっているんだろうとは思っていたけど」と語りかけているようにも見えた。そのなかにお約束のお手紙がはいっていた。母からかと思いきや、見なれない文字、いや文字のような線が書かれた紙が一枚はいっていた。それは妹の息子のゆうじからの手紙であった。
 「おげんきですか?きょうはひきだしのせいりをしました。」という内容である。超中身のない手紙である!引き出しを整理したという日常の行為を文字にして伝達することの意味はどこにあるのか?そこには緩衝剤が大きなヒントになっている?ゆうじは2005年に一年生になるから。
(アーティスト)



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ