GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 日比野克彦のページ
DAY AFTER TOMORROW
Katsuhiko hibino in Iwaki 2001
日比野克彦特集 新聞販売
しんぶんのおりこみチラシのしんぶんのおりこみ
 
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

 午後4時30分、日比野さんが市立美術館に到着した。15日から始まる「日比野克彦展」の準備のため、館内には作品が雑然と置かれている。そんな中、日比野さんは楚々とした風情で、中央階段を上がってきた。
 着いたばかりだというのに、日比野展を担当している美術館の植田玲子さんが紹介してくれた。こちらのありふれた名刺を渡すと、日比野さんは段ボールをイメージする分厚く黄土色っぽい名刺を丁寧に取り出し、くれた。肩書きはなく、真ん中に明朝体で堂々と「日比野克彦」と印刷されている。住所は渋谷で、裏にはアルファベットが刻印され、こちらも黒々と「Kastuhiko HIBINO」。なぜか、名字だけがすべて大文字なのだった。なんとも日比野的なプリント柄のシャツに白いパンツ。青いバックをたすきにかけ、日比野さんはいわきにやってきた。おずおずと「そのシャツは日比野さんのデザインですか?」と尋ねると、ボソッと、「いえ違います」と言った。
 出品点数は300点弱。その中には補修が必要なものもある。日比野さんは、展示の順番を業者さんに示していく。業者さんが「規則性は?」と尋ねると、やや間を置いて「不規則性に」と答えて、ニヤッと微笑んだ。作業の合間にマイルドセブンを吸い、携帯電話をかける。用件は補修に使う材料の指示。「古い藁半紙が欲しいんだ」と言っている。少したって植田さんが「これも日に焼けちゃっているんですよね」と言うと、「いい色になってるね」と応じ、再び、展示イメージを考え始めた。そのうち、「一回東京へ戻ってきます。あしたまた来ます」と言い始めた。補修の材料を調達するのに、自分でチェックしたいのだという。「えーっ」と驚くみんなを前に、「せいぜい2時間ちょっとでしょう。外国に比べれば楽だよ。あしたはなるべく早く来ます」と、けろっと言い、午後7時12分の特急で、東京へ戻った。

 台風15号が限りなく近づいていた。





日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集
 
  ホームへ画面上へ