GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 編集後記
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

「高橋新聞」の編集長

 1カ月ほど前、「高橋新聞」編集長の高橋よ志子さんの自室兼編集室を訪ねた。よ志子さんはいま、ケアハウスで暮らしている。机にはワープロが置かれ、本棚にこれまでに発行した新聞のファイルが並び、新聞づくりには欠かせない大きなコピー機もある。
 ケアハウスに居を移しても、カメラを持って自家用車で取材に出かけていた。ところが春先に体調を崩し、その後、まちのお祭りを楽しめるぐらい元気になったが、5月には腸閉塞で入院。そして退院した翌日、脳梗塞を起こして再び入院した。
 それでも娘の文子さんと法子さん、友人たちの協力を得て、新聞を発行し続けた。6月号では救急車に2回、お世話になった経緯と入院生活を報告。7月号は「右手の麻痺で字も数字も書けません。加えて咳き込みと息苦しさが頻繁です。でも、やっと新聞を送れます」と、新聞家族のみんなに向けたあいさつ文を載せ、歩けるようにもなりたい、と編集後記に綴っていた。
 よ志子さんの状態を新聞で確認しながら、9月号の編集の山を越えたと思うころ、ケアハウスに行った。リハビリをかなり頑張ったのだろう。顔色もよく、そろりそろりと歩けるようになっていた。
 よ志子さんが「高橋新聞」を創刊したのは1995年1月。それまでの約10年間に舌がん、2度の乳がんなど、手術と入退院を繰り返してきた。「病気に負けない」と前向きに闘ってきたが、もう終わりにしたかった。かねてから温めていた新聞作りを始めた。
 それから休むことなく、22年作り続けている。いつしか、よ志子さんのなかで「高橋新聞」の存在は大きくなり、つらいことがあっても励まされ、生きる支えになっている。
 そろそろ10月号(274号)が届くころ。300号まであと2年ぐらい。308号の1面 にはきっと、東京オリンピックの写真が載るに違いない。1号、1号を楽しく作り、積み重ねてほしい。

 ※よ志子さんの「よ」はにんべんに予です。

 
第332号
第333号
第334号
第335号
第336号
第337号
第338号
第339号
第340号
第341号
第342号
第343号
第344号
第345号
第346号
第347号
第348号
第349号
第350号
第351号
第352号
第353号
 
(章)

日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  画面上へ