GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 編集後記
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

さくら さくら

 3月末から4月下旬まで、取材をする以外は籠もって仕事をしていたので、この春はゆっくり桜を眺めることがほとんどなかった。お城山の丹後沢を歩いたのと、田人に行ったついでに、石割桜まで足を延ばしたぐらい。
 ところが、ゴールデンウィークを過ごした猪苗代は場所によって、まだつぼみの固いものから満開近い桜まであって、毎日、あちこちの桜を散策した。寒く厳しい冬が過ぎて、春が来た喜びは大きいのだろう。猪苗代はとにかく桜の木が多い。
 町で最初に咲くのは、観光ポスターでおなじみの観音寺川の桜並木。川の両側に1kmほど並木が続いていて、下流側で八分咲きでも、上流は二、三分咲き。夜にはライトアップされて、昼間の桜と見比べられる。お勧めは早朝で、喧噪を避けて静かにのんびり眺められる。
 それから亀ケ城山公園、会津藩の初代藩主・保科正之を祀った土津(はにつ)神社、日露戦争の凱旋記念に植えられた白津のしだれ桜、その近くにある八幡神社の桜も美しい。天鏡閣、猪苗代湖畔の桜並木、少し足を延ばして檜原湖の桜島、愛子さまの誕生をお祝いして2001本植えた桜峠の一面 の薄ピンクもきれいだ。
 なかでも一番印象深いのは、町営牧場の桜並木。磐梯山の観光ゴンドラに行く途中にある1km以上続く並木で、NHKの大河ドラマ「八重の桜」のオープニングの最後、磐梯山をバックにたくさんの和傘が開いているシーンの撮影場所でもある。目の前に磐梯山がそびえ、猪苗代湖も見え、牧草の緑と桜のピンクのコントラストがとてもいい。
 町営牧場を通り越して車で上ると、森林浴も楽しめる昭和の森があって、猪苗代湖を一望できる天鏡台の桜は固いつぼみだったので、いまごろ満開になりつつあるころだろう。会津五桜の磐椅(いわはし)神社の大鹿桜も。

 
第332号
第333号
第334号
第335号
第336号
第337号
第338号
第339号
第340号
第341号
第342号
第343号
第344号
第345号
第346号
第347号
第348号
第349号
第350号
第351号
 
(章)

日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  画面上へ