GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 編集後記
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

100年の家のものがたり

 ようやく春が訪れた三和町上三坂で、改修を終えたOJONCO館を取材しながら、J.パトリック・ルイスの文で、絵はロベルト・インノチェンティの絵本『百年の家』(講談社)を思い出した。
 一軒の古い家の100年の歴史を、トーンを抑えた緻密な絵と、詩的なモノローグで伝えている。始まりは1900年、ある日、キノコと栗を探しにきた子どもたちが、石造りの廃屋を見つけた。扉の横板に「1656」と建てられた年が刻まれている。250年の間に、住む人のいない家になった。
 それが子どもたちの進入で目覚め、翌年には大家族が移り住み、家を改修して、ブドウの木を植え、止まっていた時計が動き出した。根づいたブドウの木は強い品種に育ち、娘も結婚して家族が増え、穏やかでしあわせな日々が続いた。
 ところが、2度の戦争が家族と家を翻弄する。そして戦後、穏やかな日々が戻り、いくつかの別 れを経て空き家となり、そのうち朽ちて果て、20世紀の終わりに新しい家が建築される。
 静かに淡々と時を追い、その時々の家と家族の状況を伝える。それだけの物語なのに、読み終えた後、何気ない日常の営みがいとしく思え、日々の積み重ねが百年の歴史に繋がることを再確認する。
 改修を終えたばかりのOJONCO館はこれからどんな時を刻むのだろう。

 
第332号
第333号
第334号
第335号
第336号
第337号
第338号
第339号
第340号
第341号
第342号
第343号
第344号
第345号
第346号
第347号
第348号
第349号
第350号
第351号
第352号
第353号
第354号
第355号
第356号
第357号
 
(章)

日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  画面上へ