GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 編集後記
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

啓蟄の日の朝に

 わが家のリビングの壁に、アルプスの山小屋風の鳩時計がかけてある。30分おきに鳩が顔を出して鳴き、そばに立つ女の子が紐を引いて鐘を鳴らす。学生時代にまちで見かけ、何度もその店に通 ったあと、帰省する際に、その鳩時計の大きな包みを連れてきた。以来、ずっとわが家で時を知らせている。
 鳩と女の子は1時と30分には1回、5時には5回、12時には12回鳴き、鐘を鳴らす。鳴き声は「happy happy」と聞こえ、鳩が顔を出すたびにしあわせな空気が増していくようで、気持ちが弾み、元気ももらえる。遊びに来た子どもたちにも大人気で、なかには時計の前で鳩の登場を、じっと待つ子もいる。
 そんなに毎日、鳴いたり、鐘を鳴らしたりしていては疲れるだろうと、気がつくと家族のだれかが、山小屋のスイッチをオフにして、時々、1羽と1人を休ませる。不思議と、休んだあとの鳴き声や鐘の音は、いつもより大きく、澄んで聞こえる。
 昨年末ごろ、鳩が時間になっても鳴かないことに気づいた。連動しているので、女の子も鐘を鳴らさない。わきのスイッチはオンのまま。とうとう壊れたのかもしれない、と思いつつ、このごろ休ませていなかったので、そのまま様子をみていた。
 およそ3カ月後の3月5日の朝、起きがけに時計を見ると、鳩が顔を出していた。まるで冬眠から覚めて、伸びをしているようだと思っていたら、午前7時とともに鳴き始めた。もちろん女の子も鐘を鳴らした。
 日めくりカレンダーをめくると、その日は啓蟄。土のなかで冬ごもりをしていた生きものたちが、春の気配を感じて目覚めるころ。鳩時計の鳩も冬眠していたのかもしれない。
 その後、鳩は毎日、規則正しく時間を知らせている。

 
第332号
第333号
第334号
第335号
第336号
第337号
第338号
第339号
第340号
第341号
第342号
第343号
第344号
第345号
第346号
第347号
第348号
第349号
第350号
第351号
第352号
第353号
第354号
第355号
第356号
第357号
 
(章)

日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  画面上へ