GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 編集後記
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

走ることの意味

 脚本家の倉本聰さんが主宰する富良野GROUPの最後の舞台「走る」をいわきアリオスで見た。40人の役者が90分の芝居の間、ひたすら走る。走る以外の動作はほぼなく、せりふも走りながら言う。
 倉本さんはこの舞台の原型を1997年、富良野塾の12期生のために書いた。ひたすら走ろうとする私たちの行動を、過酷な塾生の生活になぞらえて描いてみようと考えた。なぜ芝居はスポーツの感動に勝てないのか、という疑問も常にあったという。
 アトランタオリンピックに向けて走る、有森裕子さんの1年間の日々の心情のつぶやきを追ったラジオ番組の編集テープからヒントを得て、12期生と試行錯誤しながら実験を繰り返して「走る」の原型はつくられた。その後、何度も卒塾公演に使われ、2009年以降、封印されていた。

 倉本さんはいま、82歳。ここ数年は肉体的な負担を減らすため、経験のある役者を起用してきた。しかし最後の舞台演出となる今回の「走る」は、若手に1から教える覚悟で、オーディションで役者を選んだ。
 脚本の原型はあっても、役者が違えば、1人1人の登場人物の背景、性格、人柄なども異なり、舞台は変わってくる。倉本さんは一緒に食事をしながら、役者たちを観察して登場人物の人物像を錬り、脚本を深めていった。
 ドラマづくりでも同じで、登場人物の履歴を細かく書いて、1人1人の人生を深めることに時間をかける。それがドラマの深さに繋がり、見る人のこころを揺さぶる。

 42.195kmを走るマラソンは、よく人生にたとえられる。「走る」ではそれを、1年・365日の時間で表現した。1年の間にはさまざまなことが起き、順風満帆にはいかない。しかし、つまずいても、こころの持ちようで懸命になり、克服できる。
 舞台は、人生を走る、その意味、価値は何なのかを問いかける。その問いを受けながら、私たちも走っている自分に気づき、どう走りたいのかを自分に聞く。
 舞台を見た晩は、走る自分の姿が頭から消えず、なかなか寝つけなかった。

 
第308号
第309号
第310号
第311号
第312号
第313号
第314号
第316号
第317号
第318号
第319号
第320号
第321号
第322号
第323号
第324号
第325号
第326号
第327号
第328号
第329号
第330号
第331号
第332号
第333号
第334号
第335号
(章)

日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  画面上へ