GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS 編集後記
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

松村栄子さんのこと

 小説は「学校は丘の上にあった」で始まる。その学校は土井晩翠が校歌を作詞し、桜の樹に囲まれた古い女子高らしい。校舎は井桁の形をした鉄筋4階建て。礼法の授業があり、掃除は毎日、生徒全員でする。心覚えのある学校だった。あまりに母校に似ていた。
 その小説は松村栄子さんの処女作「僕はかぐや姫」。松村さんは青少年時期をいわきで過ごした。「君たちの先輩に読書感想文で最高の賞を取った人がいるよ」と、高校の担任の先生がよく話していらしたが、その先輩が松村さんだった。1992年には「至高聖所(アパトーン)」で芥川賞を受賞している。
 母校が男女共学化になる前年、松村さんにいわきの新高校生たちへのメッセージ原稿を依頼した。その際の説明が悪くて、最後の女子高生たちへのメッセージ原稿が届き、もう1本書いていただいた。間もなく「高校時代を思い出すとき、いつも『桜の森の満開の下』という言葉が浮かびます」と始まる文章が送られてきた。以来、松村さんと桜が結びついている。京都に住んでいる松村さんはこの時期、いくつもの桜の森の満開の下を歩くだろう。時には高校時代を思い出しながら。

 
第332号
第333号
第334号
第335号
第336号
第337号
第338号
第339号
第340号
第341号
第342号
第343号
第344号
第345号
第346号
第347号
第348号
第349号
第350号
第351号
第352号
第353号
 
2003年3月31日



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  画面上へ