GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS いわきクロニクル
案山子の眼
取材ノートから
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

はじめに

 「chronicle」(クロニクル)という言葉が好きだ。初めてその言葉に接したとき、どこの民族のものなのか見当がつかない語感に不思議な魅力を感じ、気にするようになった。調べてみると「chronicle」は意外にも英語で、年代記とか物語という意味だった。そのころからだろうか。「自分が生きている時代を刻印する、という意味で、いつか自分が書くもののタイトルに使いたい」と思い始めている自分がいた。
 ここで紹介する文章の数々は、2001年6月5日から2002年6月21日まで、13回にわたって知人たち30人に送り続けたメールマガジン「いわきクロニクル」から抜粋した。
 この時期は、思ってもみなかった人事異動が発令され、営業担当をしていたころだ。心の奥底に棘が刺さったような痛みを感じながらも、淡々と過ぎて行く時間。何も手がつかない状態の中で、「何かを書かなければ自分がだめになってしまう」と思い、自分と心配してくれている仲間たちのために書いた。
 記者という仕事を離れて8カ月。勘を取り戻すのは大変だったが、自分が書きたいこと、感じたことをただ、書いた。はじめのうちは、それが自分を活性化する唯一の道だと信じていたこともあり、気持ちに張りがあった。ところが、何ヶ月かたつと続ける苦しみが襲いかかり、試行錯誤と葛藤の連続となった。しかし、営業という慣れない仕事をしながら文章を書き続けた経験は、自分の中に小さいが強い灯を点し、『日々の新聞』創刊につながったと思っている。

2003年1月 安竜昌弘



写真について


 このコーナーのモノクロ写 真は、長年にわたってコンビを組んできた高萩純一カメラマンのものだ。「まちかど紳士録」「路地を歩く」「上三坂の四季」「肖像のぺいじ」「いわき旬紀行」…。まるで弥次喜多のようにまちを二人でさまよい、人々の暮らしや、その後ろにある人生などを切り取ってきた。
 へらず口をたたきながらの取材は楽しいが、背筋をピンと伸ばされることも多い。話を聞いているうちに、一人の人生のはかりしれない重さをつきつけられ、自分のシンのない、ぐにゃぐにゃした人生が浮き彫りにされるからだ。そんな時、ふと横を見ると、「純ちゃん」の目も哀愁を帯びていたりする。
 今回選んだ写真を1枚1枚じっくりながめてみると、いわきに住む人々の淡々とした生き様が、じわっと伝わってくる。それは高萩純一の持つ温かさと、市井の人たちの飾りのない日々との協奏曲なのだろう。「さまざまな思いをシンプルに表現する」。それが純ちゃんのカメラアイだと思う。





日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
  ホームへ画面上へ