GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


フロントページ
2003.3〜12
2004.1〜5
2004.6〜12
2005.1〜12
2006.1〜12
2007.1〜12
2008.1〜12
2009.1〜12
2010.1〜12
2011.1〜12
2012.1〜12
2013.1〜12
2014.1〜12
2015.1〜12
2016.1〜12
 特集.2017 光洋の夏

試合ぶりに余裕があった聖光学院

 第99回全国高校野球選手権福島大会は22日、福島市の県営あづま球場で行われ、聖光学院が11年連続14回目の甲子園出場を果 たしました。初めて決勝に進出した、いわき光洋は4-4の同点で迎えた9回裏、中越え適時打を許してサヨナラ負けを喫しました。光洋の戦いぶりを振り返るとともに、高校野球を考えます。




終盤にリードがないと勝てない


いわき光洋の渡辺 純監督に話しを聞きました。

 




 記事

いわきFC駿河応援遠征記

次郎長の子孫に挨拶を兼ねて
建築士 小野田 博




自主避難者の憂い(7) 矢内 齊

何を信じたらよいのだろう




東電福島原発刑事裁判 初公判 福島報告会


事故は予見でき防げたのか

 東京電力の福島第一原発事故をめぐり、福島原発告訴団(武藤類子団長)が告訴をして6年。業務上過失致死傷罪で強制起訴された、東京電力の元幹部3人の初公判が6月30日、東京地裁で開かれました。その初公判の報告会が7月17日、いわき市文化センターで行われました。訴訟の支援団弁護団で被害者参加代理人でもある海渡雄一さんなどが、冒頭陳述の重要部分を提出された証拠も交えて初公判の内容を説明しました。




海渡雄一さんのはなし


事故を防ぐ手段は複数あった