GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


フロントページ
2003.3〜12
2004.1〜5
2004.6〜12
2005.1〜12
2006.1〜12
2007.1〜12
2008.1〜12
2009.1〜12
2010.1〜12
2011.1〜12
2012.1〜12
2013.1〜12
2014.1〜12
2015.1〜12
2016.1〜12
 特集.あの声が聞こえる むのさんの言葉

対話をすれば敬いあえる


 安倍首相が憲法9条の改憲を明言し、波紋を広げています。ジャーナリスト・むのたけじさんは生前、戦争の恐ろしさと命の尊さを繰り返し訴え続けていました。その晩年を追ったドキュメンタリー映画「笑う101歳×2」(日本初の女性報道写 真家・笹本恒子さんも紹介)が6月3日から、東京都写 真美術館などで公開されれます。むのさんが死の直前まで伝えようとしたものはなんだったのか。その珠玉 の言葉を通して考えます。




 記事

演劇集団 風煉ダンス「まつろわぬ 民  2017」


いまを考える普遍的な芝居に

 演劇集団・風煉ダンスの「まつろわぬ 民 2017」が6月10、11の両日、アリオス小劇場で行われます。歌手の白崎映美さんの歌「まづろわぬ 民」に想を得た作品で、2014年に東京で初演されました。それから3年を経て、新キャスト、新演出で東京のほか、いわきと山形でも公演されます。風煉ダンス主宰で、脚本と演出を担当する林周一さん(552)と、主演の白崎さんに話を聞きました。




原田 久美子さんのはなし 「秋田の行事」をめぐって


静と動、祝祭と日常を表現

 「レオナール・フジタとモデルたち―素晴らしき乳白色の肌」が28日まで、市立美術館で開かれています。その一環として7日、公益財団法人平野政吉美術館学芸員の原田久美子さんが「藤田嗣治と東北ム壁画〈秋田の行事〉をめぐって」と題して、秋田と藤田とのかかわりや思いについて話しました。

 




国谷裕子さんのはなし
(4)女性を育てる組織


まずトップが意識を変える

 キャスターの国谷裕子さんの講演が2月25日、いわき市総合保健福祉センターで開かれました。「いわきウーマンフェスタ」の一環で、国谷さんは「女性が輝ける社会を目指して」と題し、キャスターになった経緯など自身のことにふれながら、女性を取り巻く社会の現状や、女性が社会で活躍していくために必要なことを話しました。

 




もじもじ会議
「考える人」編集長 河野通 和さんのはなし
(5)紙とWEB


揺り戻しが必ずある

 文章を書いたり、本を読んだり作ったり、ひとの話を聞いたり「文字まわり」の好きな人が集まって、ゲストの話を聞きながら言葉などについて考える「もじもじ会議」(いわきアリオス主催)が2月からアリオスで始まりました。初めてのゲストは、新潮社の季刊誌「考える人」編集長の河野通 和さん。18日、アリオスのカンティーネで、河野さんを囲んで話を聞きました。




 連載

DAY AFTER TOMORROW(171)

インタビュー・ドローイング



ストリートオルガン(118)

雑草のくらし
細かなことでガタガタ思わず安住せよ



勝川克志 アーチストの一日(40)

漫画家・勝川克志さんのオリジナル漫画の連載です。






日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  ホームへ画面上へ