GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


フロントページ
2003.3〜12
2004.1〜5
2004.6〜12
2005.1〜12
2006.1〜12
2007.1〜12
2008.1〜12
2009.1〜12
2010.1〜12
2011.1〜12
2012.1〜12
2013.1〜12
2014.1〜12
2015.1〜12
2016.1〜12
 特集.共謀罪を考える2

動き始めたら止められなくなる


渡邉則芳さんのはなし

 「共謀罪を考える」の特集第2弾は、性源寺住職で刑事政策論を専門にしている弁護士、渡邉則芳さんのインタビュー。渡邉さんは「ふくしま平和訴訟原告団」の共同代表でもあります。前回に引き続き海渡雄一弁護士のはなしも紹介し、共謀罪の問題点を探ります。




海藤雄一さんのはなし


共謀罪法案は葬り去らなければならない




 記事

追悼 長谷部 淳さんを偲ぶ


優しく涼やかなまなざし

医師 木村守和




自主避難について 矢内 齊


住宅無償支援終了への世間の本音




国谷裕子さんのはなし
(3)男女不平等


意識改革が進んでいない

 キャスターの国谷裕子さんの講演が2月25日、いわき市総合保健福祉センターで開かれました。「いわきウーマンフェスタ」の一環で、国谷さんは「女性が輝ける社会を目指して」と題し、キャスターになった経緯など自身のことにふれながら、女性を取り巻く社会の現状や、女性が社会で活躍していくために必要なことを話しました。

 




老いの繰り言(20)教育勅語と奉安殿


胸騒ぎが抑えられない




もじもじ会議
「考える人」編集長 河野通 和さんのはなし
(4)ことばの力


一つの言葉にどんな思いが込められているか

 文章を書いたり、本を読んだり作ったり、ひとの話を聞いたり「文字まわり」の好きな人が集まって、ゲストの話を聞きながら言葉などについて考える「もじもじ会議」(いわきアリオス主催)が2月からアリオスで始まりました。初めてのゲストは、新潮社の季刊誌「考える人」編集長の河野通 和さん。18日、アリオスのカンティーネで、河野さんを囲んで話を聞きました。




天田愚案と正岡子規 (番外編)


 縁・講演会「天田愚庵と正岡子規」(天田愚庵顕彰会など主催)が2月12日、いわき市文化センターで開かれまし。松山市立子規記念博物館館長の竹田美喜さんが、正岡子規の人生をたどりながら、俳句だけでなく短歌の革新もした子規が、万葉調歌人の天田愚庵との出会いにどんな影響を受けたのかを話しました。




市民測定室だより(25)


たらちねクリニック




 連載

Old Salty(81)

元参議院議院・戸田邦司さんによる連載
欲望の民主主義



月刊Chronicle

憲法記念日
押しつけ論も受け止めて平和を考える



ぼくの天文台2(17)

粥塚伯正さんによる連載
ベッドのうえの六カ月(下)



勝川克志 アーチストの一日(39)

漫画家・勝川克志さんのオリジナル漫画の連載です。




日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  ホームへ画面上へ