GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


フロントページ
2003.3〜12
2004.1〜5
2004.6〜12
2005.1〜12
2006.1〜12
2007.1〜12
2008.1〜12
2009.1〜12
2010.1〜12
2011.1〜12
2012.1〜12
2013.1〜12
2014.1〜12
2015.1〜12
2016.1〜12
 特集.冬ものがたり

 寒い日が続いています。天気予報によると、そろそろ寒さの峠は越すようです。立春までもう少し。そのうち草木が目覚め、虫も動き出します。とはいえ、このころ、いわきでは雪が降りやすい。もう少し続く冬の、いまものがたりを紹介します。




湯ノ岳のくまのはなし


姿は見ていないが、足跡と気配がある

 湯ノ岳周辺でここ数年、くまの痕跡を見聞きするといいます。雪についた足跡や鳴き声などで、実際に姿は確認されていませんが、気配があるようです。数年前に親離れをしたオスぐまや、母ぐまと子ぐま。三浦芳治さん(64)は、それぞれ熊太郎、熊母ちゃんと熊子と名前をつけ、その痕跡を記録しています。




日本酒を燗する


うまみが出て料理に合う

 寒い冬の日は体のなかから暖めるに限ります。やはり日本人は鍋と熱燗でしょうか。平字中町の「澤木屋」を訪ね店主の永山満久さんに話を聞きました。




 記事

江戸文化を語る(1) 相撲のはなし 上


江戸文化を演じる力士たち

 上廣歴史・文化フォーラム「江戸時代の文化を語る」が21日、いわき市文化センターで開かれ、江戸東京博物館名誉館長の竹内誠さんが江戸文化の実相や精神について話しました。何回かに分けて紹介します。




姜尚中さんのはなし


トランプ大統領の誕生で何が起きるのか

 政治学者の姜尚中さんの講演会が1月19日、パレスいわやで開かれました。トランプ大統領の就任式の直前だったので、姜さんは講演のテーマを大統領就任後の世界、そして日本経済のあり方に変更し、世界が大きく変化しようとしているなかで、1人1人の生活や生業、地場産業などがどうなっていくのかを、震災にもふれながら話しました。講演の内容を数回にわけて紹介し、トランプ政権のアメリカと世界、日本を考えます。




長澤啓行さんのはなし(3) 東電解体と廃炉への道 


東電の財布の中身は

 脱原発講演会(福島第二原発の即時廃炉を求めるいわき地区実 行委員会)が12月18日、いわき市労働福祉会館で行われました。 講師は長澤啓行さん(大阪府立大名誉教授・若狭ネット資料室長)。 「東電解体と廃炉への道」と題して、原発事故の後始末をこれからどうすべきか、を話しました。テーマ別 に分けて紹介します。




 連載

Old Salty(78)

元参議院議院・戸田邦司さんによる連載
トランプ政権下の悪夢



月刊Chronicle

まちの良さとは結局人の良さ 歩いているだけで出会いが生まれる
「オレの北九州」



ぼくの天文台2(14)

粥塚伯正さんによる連載
雪と、蛙の卵と、





日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集

 
  ホームへ画面上へ  
福島