GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


フロントページ
2003.3〜12
2004.1〜5
2004.6〜12
2005.1〜12
2006.1〜12
2007.1〜12
2008.1〜12
2009.1〜12
2010.1〜12
2011.1〜12
2012.1〜12
2013.1〜12
2014.1〜12
2015.1〜12
 特集.甲状腺検査のあり方

5年後からが大切。継続した検査が必要

 東京電力の福島第一原発事故から5年半が経過し、子どもの甲状腺検査の方法を見直そうとする動きがあります。8月初旬に「早ければ9月にも県民健康調査検討委員会で甲状腺検査の対象者縮小などを視野に入れた議論に着手」と一部で報道され、そのあと、福島県小児科医会が検査規模の縮小も含めた見直しを求める要望書を県に提出。一方、311甲状腺がん家族の会などは検査の拡充を求めた要望書を提出しました。それら経緯を踏まえ、9月14日に福島市で、24回目の県民健康調査検討委員会(座長は星北斗県医師会副会長)が開かれました。



見直しをするなら検査の拡充を

 311甲状腺がん家族会元代表世話人の千葉親子さんに話を聞きました。




 記事

米倉明さんのはなし 9条について考えよう(7)


絶対的平和主義 その7

丸腰・無抵抗・八方美人型外交の展開

 民法学者で東大名誉教授の米倉明さんの講演会「絶対的平和主義の覚悟」が5月末、開かれました。参議院選の大きな争点の1つでもある憲法改正。そのなかでも憲法9条について、米倉さんの講演を通 し、それぞれ考えるきっかけにしたいと思います。




むのさんを語る

言葉を武器に敵を食い破る激しさ

 先月21日に101歳で亡くなった、むのたけじさんを偲ぶ会が24日、早稲田大学大隈記念講堂で行われました。テーマは「ジャーナリスト・むのたけじの魂を継承する」。交流のあった人たちが壇上で、むのさんについて語りました。その一部を紹介します。




一票の重み いわき市議選の当落一票差

無効票の扱いが課題に

 9月11日に投開票されたいわき市議選で、一票差の次点で落選した岩井孝治さん(61)からの異議の申し出を受け、いわき市選挙管理委員会は27日、いわき市役所東分庁舎の会議室で、約13万枚のすべての投票用紙を再点検しました。その結果 、当選者の順位 は変わりませんでしたが、岩井さんの票がほかの候補者に混じっていたり、有効票の判断の相違があったりして、今後の開票作業に課題も残りました。




 連載

DAY AFTER TOMORROW(163)

アートと福祉



Old Salty(74)

元参議院議院・戸田邦司さんによる連載
紅旗征戎(こうきせいじゅう)  吾ガ事ニ非ズ



ストリートオルガン(111)
雨ニモマケズ
人生のなかで勇気づけられる賢治のこころメモ



ぼくの天文台2(10)
粥塚伯正さんによる連載
それでも夢は、まだ続く