GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


フロントページ
2003.3〜12
2004.1〜5
2004.6〜12
2005.1〜12
2006.1〜12
2007.1〜12
2008.1〜12
2009.1〜12
2010.1〜12
2011.1〜12
2012.1〜12
2013.1〜12
2014.1〜12
2015.1〜12
2016.1〜12
 特集.誕生50年 いわきノオト

統一感とネットワークの狭間で

  JRいわき駅1、2番ホームの発着メロディが10月1日から、現在の「ます」(シューベルト)から映画「フラガール」のメインテーマ曲(ジェイク・シマブクロ作曲)に変わります。「いわきはフラガール」ということなのでしょう。でも、城下町・平にある駅にフラガールのメロディという発想に、正直、違和感を覚えます。いわき市が誕生して半世紀。「いわき」って一体何なんだろう。



いわき駅の発車メロディーが
映画「フラガール」のテーマ曲に


 常磐線の上り列車が発車する、JRいわき駅の1・2番線ホームの発車メロディーが10月1日から、映画「フラガール」のメインテーマ曲になります。いわき市市制施行50周年記念事業の一環で、記念事業のアイデアを公募して行ったプレゼン大会で、優秀賞に選ばれた提案を実現させます。




川又紀夫さんのはなし

これからはアイディア勝負に




 記事

それぞれの、ふるさと


人であり見える風景、祖先の息づかい

 未来会議が9月4日、いわき市生涯学習プラザで開かれました。13回目の本会議で、事務局の平山勉さんが進行役になって劇作家で小説家の柳美里さんと、勿来ひと・まち未来会議会長の室井潤さんが「それぞれの、ふるさと」をテーマに思いを語り、震災以降、考える機会が多い「ふるさと」とは何なのかを探りました。




竜田駅にて


帰りたいけど帰れない
住民たちの思いは複雑
鎌倉守保さん

 山梨県甲府市に住む小澤治彦さんから「竜田駅(常磐線)の駅員さん、鎌倉守保さんを取材してみてください」というメールが届きました。楢葉町にある竜田駅は、原発に一番近い駅として知られています。60歳の鎌倉さんは駅が再開した3年前から、そこで改札業務などをしながら、原発の現状を伝えています。鎌倉さんから、竜田駅で思うことを語ってもらいました。




米倉明さんのはなし 9条について考えよう(6)


絶対的平和主義 その6

軍隊を作るのは許されない

 民法学者で東大名誉教授の米倉明さんの講演会「絶対的平和主義の覚悟」が5月末、開かれました。参議院選の大きな争点の1つでもある憲法改正。そのなかでも憲法9条について、米倉さんの講演を通 し、それぞれ考えるきっかけにしたいと思います。

 




 連載

月刊Chronicle

監視や迫害に耐え続けてやっと自由に
チェコの女性