GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集


フロントページ
2003.3〜12
2004.1〜5
2004.6〜12
2005.1〜12
2006.1〜12
2007.1〜12
2008.1〜12
2009.1〜12
2010.1〜12
2011.1〜12
2012.1〜12
2013.1〜12
2014.1〜12
2015.1〜12
 特集.本橋成一さんの在り処

深い信仰に支えられ 揺るがなかった宮嶋さん

 映画「アラヤシキの住人たち」の舞台になった真木共働学舎。その生き証人ともいえるのが、いわき市在住の新田目建さんです。共働学舎の精神や創設者・宮嶋眞一郎さんのことなど、創設当時の話を聞きました。




本橋成一さん


それぞれが持っている時間

映画「アラヤシキの住人たち」を1年半かけて、撮影した本橋さんに話を聞きました。




ほんとうの豊かさを問い直して

 本橋成一さんの写 真展「在り処」が7月5日まで、静岡県長泉町のクレマチスの丘にあるIZU PHOTO MUSEUMで開かれていいます。居心地のいい場所に身を置き、市井の人たちと語らい、時間をかけて距離を縮め、写 真を撮る。それが本橋さんの作法。「炭鉱」「上野駅」「屠場」「藝能東西」「チェルノブイリ」など、半世紀の歩み251点が展示されています。テーマ別 に本橋さんの話を紹介します。




 記事

白石孝さんのはなし
0から学ぶマイナンバー(6)


 第2回いわき未来絆塾が2月27日、古滝屋で開かれ、白石孝さん(官製ワーキングプア研究会理事長)がマイナンバーについて話しました。その実態や国の思惑、注意すべきことなどを、何回かに分けて紹介します。




1冊の本に思い託して 山口紀美子さん


遺書に心揺さぶられ夢中で取材する

 いわき市平中山の山口紀美子さんは昨秋、1冊の本を自費出版しました。『奪われた若き命』(幻冬舎)。無実を訴えながら戦犯刑死した、学徒兵の木村久夫さんの人生をたどっています。二十数年、久夫さんの妹の孝子(こうこ)さんと親交を重ね、ゆかりの地を訪ね歩き、学友などにも話を聞いてまとめました。山口さんは28歳の若さで無念の死を遂げた久夫さんの素顔や思いを、多くの人に伝えたかったと話します。




Diary


伊勢の神宮125社めぐり

  杉浦千鶴子さんの「伊勢の神宮125社めぐり」の旅を紹介します。




 連載

Old Salty(70)

元参議院議院・戸田邦司さんによる連載
首相の、「立法府の長」発言



月刊Chronicle

あきらめず へこたれず 希望の欠片を探す
ひいき魂



勝川克志 アーチストの一日(19)
漫画家・勝川克志さんのオリジナル漫画の連載です。
12回の予定でしたが、好評につき延長します。



ぼくの天文台2(6)
粥塚伯正さんによる連載
五月のころ