GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

45周年記念公演で香取さん役で踊る恵美子さん

 2009年のお正月、恵美子さんは自宅近くの神社に初詣に出かけ、「公演が無事、うまくいきますように」と祈った。頭は常に、4月の舞踊ひとすじ45周年記念公演のことでいっぱいだった。常磐音楽舞踊学院でのレッスン風景、常磐ハワイアンセンターに訪ねて来たスペイン人のことなど、香取さんとのいろいろな思い出が浮かんでいた。
 暮れに初めて、ギタリストの住田政男さんやダンサーの山本将光さん、カンテの川島桂子さんたちと平南白土の稽古場で、大まかに公演の流れを追った。気心が知れたメンバーだが、それぞれがまだ内容をつかみきれず、台本を含めてつくり込みが始められた。すべてはこれからだった。
 それなのに、11月末に階段で転んで骨折した恵美子さんの左手首は、まだギブスをしたまま。左手をかばっての右手だけの踊りでは調子が出ず、気持ちだけがあせった。「これでいいのだろうか」と考えるのだが、切羽詰まらないと決まらないのが恵美子流でもあった。
■ 
 住田さんは20歳の時に10カ月ほどの予定で、スペインへフラメンコギターの武者修行に出かけた。スペインに滞在して5カ月ほどが経ったころ、ギターを持ってマドリードを歩いていて、小柄な日本人女性とすれ違った。
 通り過ぎようとした時、女性は住田さんに声をかけた。「ギターを勉強しているの? 知り合いの子供の教室で踊りのギターを弾く人がいないの。ちょっと行ってみない?」。その女性が香取さんだった。
 香取さんはスペイン政府の招きで、2度目の留学中だった。いろいろな先生に就いてフラメンコを学ぶとともに、ギターも習っていた。最初の留学後、シギリージャ(フラメンコの曲の1つ)の音のとり方で何人かのギタリストとけんかしたことがあり、自らギターを勉強して納得のいく説明ができるようになりたかった。
■ 
 それから10年ほど過ぎて、住田さんは仕事でいわきを訪れた際、ステージを見に来ていた恵美子さんと偶然知り合い、恵美子さんが香取さんの弟子であることを知った。その縁で平成2年の恵美子さんの25周年記念公演の「雪女」では作曲と演出も手がけ、津軽三味線とフラメンコギターの共演を試みた。
 雪が吹雪く夜、雪女が恋に落ちた村の男役は、住田さんの知人だった山本さんが演じた。山本さんは踊りながら鳥肌が立ち、恵美子さんは黒い涙が一筋、頬をつたった。当時、テレビ局に勤め、カメラマンが撮った恵美子さんの雪女の映像を見た渡辺貴子さんは、素晴らしさに学生時代に少しふれたフラメンコを恵美子さんの元で再開した。
■ 
 恵美子さんの左手首のギブスは2月初めにとれた。リハビリに通いながら、2月半ばから時間があると自室やだれもいない稽古場で1人、体を動かし始めた。生徒の踊りには振りをつけるが、自分の踊りに振りはつけられない。大ざっぱにイメージをつくり、あとは本番の自分に任せる。
 フラメンコはギターと歌、踊りが三位一体になってできる。恵美子さんは気持ちで踊ることを何より大切にしている。ギターの音、歌い手の声があって初めて、自然に気持ちが入って体が動く。そういう踊りを好み、それは恵美子さんでないとできない踊りで、自分流と思っている。
 公演の最終盤、恵美子さんはシギリージャを踊った。フラメンコには悲しい曲がたくさんあるが、そのなかでもシギリージャは救いようのない奈落の悲しみの曲。リズムも難しく、恵美子さんにとっては香取先生と結びつく曲でもある。
 住田さんのギター、川島さんの歌、恵美子さんの踊りが1つになり、ステージは底知れぬ悲しみの世界に覆われた。そしてラスト、曲は公演の始まりと同じ「夢」に変わり、ギターの音だけが響く静寂の世界に包まれ、恵美子さんは祈りを表現した。
 クリスチャンの香取さんはスペインで教会に行くと必ず祈りを捧げた。違和感なくすっとその空間にとけ込み十字をきったという。それぞれの思いが重なり、溶け合ったステージ。そでから見ていた弟子たちの目に涙が溢れた。
■ 
 後日、香取さんが公演を見ていたら、何とおっしゃったでしょう、と恵美子さんに尋ねた。「『あら、恵美ちゃんまた始まったわね。あなたらしいわね』じゃないかしら」。恵美子さんは笑いながらそう話した。香取さんの物語は一段落したが、まだまだやりたいことがあるという。
(終わり)



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
ホームへ
画面上へ