GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

エスパナで踊る恵美子さん(中央)

 昭和51年3月30日、恵美子さんは常磐ハワイアンセンター娯楽館にあるフラメンコ喫茶「エスパナ」の最後のステージに立った。1曲踊り終えた後、常磐音楽舞踊学院の後輩が言った。
 「私たちのリーダーであります豊田恵美子さんが明日、結婚のため引退することになりました。ここで香取先生から花束の贈呈があります。お受け取りくださいませ」
 恵美子さんは花束を受け取って香取先生と抱き合い、後輩と2人で再び踊り、腰に巻いたショールをほどいて後輩の首にかけ、ステージのそでに入った。そして、お別れにもう1曲。香取先生と2人、カスタネットを手に踊った。
 ハワイアンセンターのオープンから10年が過ぎ、恵美子さんは32歳になっていた。
■ 

 周りを見回すと、いつの間にか一期生は恵美子さんだけになっていた。ほとんどが結婚を機にステージを去った。そのなかで恵美子さんは助教授の肩書きをつけながら、現役で踊り続けていた。
 よく人から理想の男性や結婚について尋ねられた。でも踊りを知れば知るほど、その世界にのめり込んでいった。「踊りへの執念と怨念みたいなものが私のなかに宿っている限り、結婚は遠い存在かもしれない」。そう思っていた。
 それでも、どうにか様になってきた後輩たちに「結婚するので辞めます」などとあっさり言われると、一瞬がく然として素直に「おめでとう」の言葉が出なかった。「もったいない」という気持ちと、さらりと女の幸せに飛び込めることへの反発と嫉妬が、恵美子さんのこころを締めつけた。
■ 

 引退する前年の新緑のころだった。恵美子さんは香取さんから食事に誘われた。「従兄弟と食事をするんだけど、だれかダンサーを一緒に招待したいと言うの。恵美ちゃんなら独身で暇でしょう」。香取さんの従兄弟は足が悪く、車の運転をしてきたのが小野英人さんだった。
 小野さんは市議選に立候補して落選し、不動産の仕事をしていた。「この人は恵美子さん、踊りをやっているのよ」。香取さんは紹介した。小野さんはハワイアンセンターのステージを見たことがなく、華やかな人だなと思った。そして「ダンサーの人を見るのは初めて」と言った。恵美子さんは穏やかで、のんびりした人だなと思った。
 そのころ恵美子さんは一度、立ち止まりたいと考えていた。「いつまでもハワイアンセンターのステージで踊っているわけにはいかない」。結婚を機に生活を変えたかった。3歳年上の小野さんは8月の誕生日までに結婚相手を決める、と自分に課していた。
 こうして恵美子さんと小野さんはつきあうようになり、香取さんたちを驚かせた。2人のドライブデートは時々、中断した。小野さんは睡眠時無呼吸症候群で熟睡できず、昼間、眠くなる。車を運転中に眠くなると途中で止め、しばらく仮眠をとった。その間、恵美子さんは助手席でじっと待っているしかなかった。
 ある日、小野さんは恵美子さんにプロポーズをした。
■ 

 2人の結婚が決まった時、香取さんは小野さんに言った。「結婚しても、恵美ちゃんに踊りは続けさせてあげてね。恵美ちゃんのスタジオを出してほしいし、音楽舞踊学院にも助教授として残ってもらいたい」。小野さんは香取さんの願いを承知した。
 しかし中村豊さんは「結婚してからは家庭が大事」と、恵美子さんが指導者として音楽舞踊学院に残ることに賛成しなかった。引退して間もない4月4日、結婚式が行われた。披露宴で中村さんは「掌中の玉を取られた思い」と祝辞を述べた。
 その年の12月、恵美子さんは平と植田にレッスン場を借りて、「エミ・バレエスクール」を開いた。スクールの名前をつけてくれたのは香取さんだった。
■ 

 恵美子さんの人生は節目に必ず香取さんの存在がある。バレエを習い始めた時、常磐炭砿の東京本社からいわきに戻った時、常磐音楽舞踊学院、小野さんとの結婚、そしてエミ・バレエスクール。「人生のわかれ道、曲がり角にくると、いつも香取先生が手を引いてくれる」。恵美子さんは言う。





日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
ホームへ
画面上へ