GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

 音楽舞踊学院で香取さんからレッスンを受ける恵美子さん

 恵美子さんたち一期生の常磐音楽舞踊学院での生活が始まった。寮で暮らしながら、日曜日を除いて毎日午前9時から午後5時まで、踊りのレッスンのほか、歴史や英会話、舞踊史、お茶、お花なども学んだ。門限は午後9時、ほとんど踊り漬けの日々だった。
 常磐音楽舞踊学院にはモデルがあった。常磐炭砿女子野球団「コールシスターズ」。昭和31年に結成され、選手たちは東京都世田谷区祖師谷の女子寮で共に暮らし、午前中はお花や和裁、音楽、バレエなど教養講座を受け、午後はグラウンドで野球の練習をした。
 野球団の選手も、音楽舞踊学院の一期生も十代半ばの女の子がほとんど。本分の野球や踊りの上達だけでなく、教養や礼儀も身につけた。  

■ 

 中村豊さんが香取希代子さんにダンスを踊る娘たちの教育を相談した時、フラダンスとタヒチアンダンスの指導も頼んでみた。しかし断られ、中村さんは指導者探しに苦慮した。当時、ハワイアンバンドの演奏は盛んにされていたが、踊りの指導者はほとんどいなかった。
 あきらめて現地人教師を招く準備を始めた昭和39年夏、NHKの番組「私の秘密」で「日本人で初めてのフラダンスの先生」と、二人の女性が紹介された。ティーナ早川さんとレファナニ佐竹さん。番組を見ていた中村さんは、2人を何とか教師に招きたいと思った。
 それから間もないある日、中村さんの自宅の窓ガラスを割って、ボールが飛び込んできた。謝りに来た隣家の男性はNHKの職員だった。「ボールのことは気にしないで。それより先日のテレビに出演した二人の女性を紹介してください」とお願いし、2人を学院の教師に招くことができた。

■ 
 フラダンス、タヒチアンダンスの指導を担当した早川さんは子どものころからクラシックバレエを習い、24歳の時に訪れたハワイでフラダンスと出合い、数年後、ハワイに留学して本場のフラダンス、タヒチアンダンスを学んだ。
 フラダンスのフラは「踊り」の意味。手話ダンスで話をするように、やさしく踊る。庶民的な踊りで技術的に難しくないが、だからこそ美しくしなやかに踊るのは難しい。ポリネシアンダンスは腰に重心を置いた激しく、情熱的な踊り。教師の父を持つ早川さんはレッスンだけでなく、礼儀にも厳しかった。
 一方、フラメンコは魂とリズムの踊り。虐げられたジプシーの踊りでもあり、喜び、悲しみ、苦しみを生活のなかからそのまま舞踊芸術にした。踊り手の思いを個性的に表現し、情熱を内に秘めながら一瞬、パッとひらめかす。
 フラメンコを指導した香取さんは「こころが大切なのよ」が口癖だった。踊りに気持ちを込め、芸術の域にまで持っていく。それには自分自身の精神性も高めなければならない。敵をつくらず、敵を持たず、敵とも思わない。そんな大人の女性の振る舞いも、自身の姿で示した。
■ 
 一期生のなかで一番年上で、踊りの経験もある恵美子さんは先生たちの助手役で、一期生と先生たちの橋渡し役でもあった。レッスンは基礎のクラシックバレエを終えると、民族舞踊に入った。「バレエはできるかもしれないけれど、フラダンスは同じだもの」。恵美子さんはほかの一期生たちにそう言われた。スタートラインが同じだから、みんなの競争心が強かった。
 午前4時、カタカタカタカタという音で、恵美子さんは目が覚めた。床に毛布を敷いて、音が出ないようにしながらフラメンコの練習をしている姿があった。寝静まった夜、復習に汗を流す人もいた。みんな隠れて黙々と練習し、何もなかったように涼しい顔をした。それだけ、懸命だった。
 恵美子さんが橋渡し役として心がけたことが2つある。だれよりも早く、踊りをマスターすることと、引っ張っていく力を持つためにできない人の手助けをすること。先生たちには「上に立つ人は孤独になりなさい」と言われた。毎日、レッスン場でも寮でも同じ顔ぶれで、みんないらいらしていた。恵美子さんはこころから話せる人が欲しかった。



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
ホームへ
画面上へ