GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

  常磐炭砿の東京本社で。恵美子さんは後段・右から3番目

 「東京に出て、香取先生のもとで本格的に踊りを学びたい」。
 昭和36年、ダンスクラブの締めくくりの県高校総体を終え、恵美子さんは卒業後の進路を考えていた。踊りを続けるにはどうしたらいいか。それが目下の悩みだった。香取先生の内弟子も考えたが、先生の自宅に弟子が寝泊まりできるスペースはなく、難しかった。
 東京で就職する、そして踊りのレッスンを続ける。浮かんだのは常磐炭砿本社だった。幼いころから父に連れられ、行き慣れていた炭砿事務所を訪ね「わたしでも常磐炭砿の本社に勤められないかしら」と、総務の人に相談した。
 本社の女性社員はほとんどが東京での採用だったが「たまにはヤマの人もいいか」と就職話は進み、入社試験を受けることになった。そして合格、次は住む家探しだった。ところが、ちょうど父の武市さんに、常磐炭砿が小金井市に持っていた学生寮の舎監への異動があり、家族全員で東京に移り住むことになった。
 すべて、副社長の中村豊さんのはからいだった。

■ 

 石炭から石油へのエネルギー革命で、常磐炭砿もかげりが見え始め、新事業を模索していた。恵美子さんが東京本社で働き始めた昭和37年の暮れには2000人の人員整理案が示され、常磐炭砿女子野球団「コールシスターズ」も解団した。
 そんな時代に中村さんが思いついたのは、坑内から湧き出る温泉を利用したレジャーランド構想だった。アメリカでレジャー施設を視察した帰り、中村さんはハワイに立ち寄った。飛行機から一歩出た瞬間の暖かな心地よさ、素朴で情熱的なトエレ(打楽器)の音は日本の祭太鼓の音と重なった。
 「日本のハワイをつくって、フラダンスやポリネシアンダンスを見せよう」。中村さんの頭に浮かんだ。温泉を利用した巨大な温室に熱帯植物を植え、温泉プールを造り、ショーを上演する。具体的なイメージができあがった。
 その日本のハワイで働く人たちは、もちろん炭砿の社員と家族たち。それでこそ、一山一家の炭砿精神が受け継がれる。中村さんは香取さんにダンスを踊る娘たちの教育を相談した。「やるなら学校をつくってほしい。基礎からちゃんと教えたい」。香取さんは言った。
■ 

 ダンスを踊る娘たちの募集が始まった。対象は内郷市と常磐市の中学卒業生。炭砿の世話人たちは年頃の娘のいる家を回って勧誘したが、昭和39年の半ばになっても、定員の半分に満たなかった。
 その状況に「地元にこだわらず、東京で募集し、東京で教育したほうがいい」と、アドバイスする人もいた。しかし中村さんは「常磐炭砿の精神が生きている芸能を目的とする。それは炭砿人の血を受け継ぎ、炭砿の空気で育ってきた人が踊ることで達せられる」と考えを曲げなかった。
 ただ、娘たちの募集は福島県全域にまで範囲を拡大した。
■ 
 その年の東京本社での忘年会だった。余興をする人がいないため、恵美子さんが華やかな衣装を借りて、ラテン系の踊りを披露した。それを中村さんが見ていた。「あの子、いいんじゃないか」。間もなく、恵美子さんは人事課に呼ばれた。
 「だれか結婚を約束した人はいるの?」などと尋ねられ「常磐ハワイアンセンターでダンスを踊ってほしい。香取先生も恵美ちゃんを薦めている」と言われた。
 東京でのOL生活は楽しかった。香取先生のレッスンに通ってはいたが、日々の遊びの方が忙しかった。このまま普通 に事務の仕事を続けていくか、それとも好きな踊りで少し彩りのある人生を歩んでみるか。「やってみないとわからない」。2、3年ぐらいなら、と軽い気持ちで決めた。
 当時、ハワイアンブームだった。会社の近くにもハワイアンバンド演奏の店があり、仕事の帰りに寄っていた。でも自分がハワイアンダンスを踊るなんて、それまで夢にも思わなかった。
■ 
 翌年4月、常磐市上浅貝の保養所に全寮制の常磐音楽舞踊学院が開校した。目の前にズリ山がそびえていた。一期生は18人。平均年齢17歳で、ほとんどが踊りの経験のない娘たちだった。
 開校式で、学院長でもあった中村さんは「ハワイアンセンターの将来は、学院のみなさんの努力にかかっているとも言えます。常磐の宝塚を築き上げる心意気で訓練に励んでください」とあいさつした。
 恵美子さんは踊り人生のスタートラインに立った。



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
ホームへ
画面上へ