GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

 高校1年生の時のバレエ発表会。恵美子さんは一番左

 小野恵美子さんは炭鉱景気に沸く、内郷宮町の炭砿住宅で育った。父の佐市さんは常磐炭砿の労務、人事担当の社員だった。多趣味で遊び心があり、人生を楽しむ達人。恵美子さんはその父に似たのだろう。小さな子どものころから踊ることが大好きで、音楽が聞こえてくると、リズムに合わせて自然に体が動いた。
 小学2年生の時、内郷と湯本にバレエ教室ができた。当時、常磐炭砿の常務だった中村豊さんが「地域の子どもたちの情操教育のために」と考え、中村さんの部下だった佐市さんが準備にかかわった。バレエの先生は、中村さんを「おじさま」と慕い、東京で舞踊スタジオを開いていた香取希代子さん。恵美子さんは5歳下の妹の富美子さんとバレエを習い始めた。
■ 

  バレエ教室を開く12年ほど前の、第二次大戦中、夫とともに戦地慰問をしていた香取さんは、広東で懐かしい言葉を聞いた。聞けば、その隊員はいわき出身だという。それに近くの部隊には、常磐炭砿の社宅で暮らしていた人もいるらしかった。
 香取さんはとにかく会ってみたくて、その部隊を訪ねた。兵舎の2階から降りてきた男性は、南支派遣軍の将校として駐留していた中村のおじさまだった。驚いた顔をして香取さんの顔を見つめる中村さん。胸がいっぱいの香取さんは「おじさま」と言ったきり言葉が出ず、ぽろぽろ涙を流した。異国の地で、思いがけない再会だった。
 香取さんが踊りの道を志してから、中村さんはずっと陰になり日向になり応援してきた。終戦から2年後、東京で舞踊スタジオを開いた香取さんにバレエ教室の先生を依頼したのも「なかなかお金が大変だろうから、足しになれば」という、中村さんの思いからだった。
■ 

 子どもの恵美子さんから見た香取さんは髪が茶色く、背筋がピンと伸び、身のこなしが洗練された女性だった。言葉もまるで外国語を話しているようで、異国の雰囲気があった。「本当に日本人なのかしら?」と、恵美子さんは思った。
 もともと香取さんの髪は赤くてウェーブがかかっていた。目は茶色、肌は透きとおるように白かった。そのせいで子どものころはいじめられ、通 学の際はいじめっ子たちに会わないように時間をずらした。女学校時代も髪のことで母親が学校に呼び出され、上級生にも「お父さん、お母さんはどちらの人?」と尋ねられた。
 教室のレッスンは週に一度。恵美子さんたちはレオタードにタイツ、バレエシューズを履いてバレエの基礎を学び、かわいらしい音楽に合わせて踊った。どんな音楽でも、恵美子さんの体はすーっと合わせられた。音楽が流れると、何か踊らなくちゃいけないという気持ちになった。
■ 

 中学生になって、恵美子さんはあこがれのトーシューズを初めて履いた。うれしかったが、思うように動けず、美しさの陰の努力、大変さを感じた。ちょうど学校も忙しくなり、疲れてレッスンを休むこともあった。しかし、やめてしまいたいと思うことはなかった。「香取先生のようになりたい」という気持ちと、踊りの世界へのあこがれが頑張らせた。
 香取さんの踊りは素敵だった。バレエもフラメンコもシャンソンに合わせた踊りも、それに夫の横山公一さんとのデュエットで、横山さんの肩にのったり、股間をさっとくぐり抜けたりする動きは魔法のように見えた。ハイカラでかっこよかった。
 高校生になった恵美子さんはダンスクラブに入部し、毎日、放課後の練習が待ち遠しかった。クラブとバレエ教室を両立させ、高校卒業まで10年ほど、香取さんからバレエを学んだ。踊りのこころの種が香取さんから恵美子さんに播かれた。



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集


 
ホームへ
画面上へ