GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
インフォメーション
日々の新聞社では「読者欄」の新設に伴い、「声」を募集しています。分量 は400字詰め原稿用紙1枚程度。住所・氏名・年齢を明記し、こちらのメールアドレスまで、お送り下さい。匿名投稿は禁止です。

いわきの医療
スタッフ募集
いわき日和
2011年カレンダー

更新情報new!
4/15(Sun)
第363号



日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

週刊アスキーで紹介されました。

読売新聞福島版で紹介されました。


 ことしは、さくらが早かった。いわきでも平地は3月末に満開になり、4月の1週目には花ふぶきが舞った。いつもより10日ぐらい早い。ふと思い立って、9日、田人の石割桜まで出かけた。田人町旅人字横根の山あいにある山桜で、平地のソメイヨシノがすっかり終わったあとに咲く。
 途中、花見まんじゅうに一心堂菓子店の田人まんじゅうを求めようとひらめき、御斉所街道を走って遠野経由で向かった。あいにく一心堂はシャッターが下りていて素通 り。支所近くではいちご園を脇目に、山道を入ってしばらく進むと、予想通 り、満開の石割り桜が見えた。
 時折吹く風に枝が揺れ、花びらが1枚飛んでいく。たまに通る車の音と鳥の鳴き声、根元に可憐なすみれ。あとは郡山から来た男性がファインダーを覗き、シャッターチャンスを狙っているだけ。男性はさくらハンターのように、この時期、県内あちこちのさくらを撮り歩いていて、4日前に石割桜を訪れた時は咲き始めだったという。

 石割桜の樹齢はわからない。そばに「春遅し此の山里の桃桜」と書かれた木柱が立っている。側面 の説明文によると、1801年(享和元)3月、泉藩の二代藩主の本多忠籌(ただかず)(1739-1812)が荷路夫に来た帰り道、この付近で詠んだ句だという。
 忠籌は持病が悪化した父に代わり、16歳で藩主になり、借金を抱え苦しい藩の財政状況に質素倹約を奨励し、思い切った財政改革をした。松平定信が老中になると、若年寄として幕府の政治にかかわり、寛政の改革では老中格で加わった。老中職を辞めたのは60歳の時。翌年秋、藩主の座を息子の忠誠(ただしげ)に譲った。
 石割桜辺りを訪れたころ、忠籌はすでに隠居の身だった。3年後、自身の生祠(せいし)を荷路夫に建てた。句を詠んだのは、その場所の見分に訪ねた帰りだった。近辺の坂から仏具山を眺め、4時の瀧の山々を見渡し、遅い春の到来を感じたことだろう。
 明治になって泉の城跡に泉神社が創建され、荷路夫に安置していた忠籌の木像はご神体として祀られて、旧泉藩ゆかりの人々のこころの拠り所になっているという。戊辰戦争から150年のことしは、いわきでの戊辰戦争の足跡を辿っているせいか、さくらを眺めても大変革のその時代にタイムスリップする。

 幹周りが5mもあって、角度によって根元の石をも同化しているように見える石割桜。4年前には腐朽したところを除いて、傷口をふさぐなどの手当てをしたが、その傷をものみ込みそうなたくましさがある。ここに根を下ろし、これまでどんな景色を見てきたのだろう。幹のそばにたたずみ声をかけ、耳をすましてみる。





フォーク者イサジ式のCDを販売しています。
詳しくはこちら




 新聞オンライン.COMで日々の新聞が購読できるようになりました。
 
デジタルで新聞が読めます。 どうぞご利用ください。





 『このさんねん』を発行しました。
  定価は1部1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。
 詳しくはこちらへ。目次のページが見られます。






 お待たせしました。
 品切れのためSOLD OUTになっていた日々のブックレット『このいちねん』を再発行しました。東日本大震災以降の日々の新聞報道の原点ともいえる内容です。
  定価は1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。


 

 東日本大震災以降の日々の新聞の報道をまとめた『このにねん』を販売しています。
  定価は1部1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。



東日本大震災・原発問題に関する
皆さんの声をお聞かせください

hibi@k3.dion.ne.jp
お寄せ頂いた不安 や疑問は調べてお答えします。



当サイトに掲載の記事・写 真等の無断転載を禁止します。
「日々の新聞」に関するお問い合わせは

hibi@k3.dion.ne.jpまでどうぞ。

(C)日々の新聞社
〒970-8036 福島県いわき市平谷川瀬字明治町83
TEL・FAX 0246(21)4881



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集



 
ホームへ画面上へ