GIFアニメ 日々の新聞
CONTENTS
インフォメーション
日々の新聞社では「読者欄」の新設に伴い、「声」を募集しています。分量 は400字詰め原稿用紙1枚程度。住所・氏名・年齢を明記し、こちらのメールアドレスまで、お送り下さい。匿名投稿は禁止です。

いわきの医療
スタッフ募集
いわき日和
2011年カレンダー

更新情報new!
5/15(Tue)
第365号



日々の新聞
風の通る家
いわきクロニクル
オンブズマン
編集後記
招待席

田人お伽草紙
草野天平の頁
HIBINO IN IWAKI
時のゆくえ
仲間たちの野辺送り
蔡國強といわきの物語
DUO
オリジナルショップ
定期購読
リンク集

週刊アスキーで紹介されました。

読売新聞福島版で紹介されました。

 期待はしていなかったが、「やっぱり」という思いが強い。10日、衆議院と参議院の予算委員会に参考人として招致された柳瀬唯夫・元首相秘書官(現在は経済産業審議官)の質疑。加計学園関係者と官邸で3回会ったことは認めたとはいえ、「首相案件による特別 な計らい」については、ひたすら口を閉ざし、のらりくらしとかわし続けた。安倍首相だけを見て仕事をしている悲しい姿が、ブラウン管を通 して全国に映し出された。

 その6日前、前川喜平さん(前の文部科学事務次官)が、いわき市文化センターで講演した。800人もの市民が集まったために大ホールだけでは足りず、部屋を増やして映像を流すほどの盛況だった。ユーモアを交えながら淡々と、しかも明快に「安倍一強政治」の弊害と背景を明らかにし、「絶対的な権力は絶対的に腐敗します。そういう状況がいま、目の前で起こっているのではないか、と思っています」と言い切った。
 ことし2月に名古屋市の中学校で講演した前川さんは、古巣から足を引っ張られた。文科省担当者が名古屋市教育委員会に、前川さんを招いた目的や経緯を照会し、講演の録音データを提出するように求めたのだ。すぐに、自民党文部科学部会に所属する池田佳隆議員が圧力をかけていたことがわかり、「教育基本法が禁じている不当な支配に該当する」と問題になった。
 安倍政権にとって、おかしいことを「おかしい」と言う前川さんは、よほど目障りな存在なのだろう。でも当の本人は、意に介するそぶりなど見せない。
 憲法の15条2項には「公務員は全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない」とある。にもかかわらず、公務員たちはなぜ「一部の奉仕者」になり下がってしまうのか。それについて前川さんは、こう説明する。
 「役人が堕落してしまった、という面は否定できません。でも、ここまで役人を貶(おとし)めてしまったのは、やっぱり政治だと思うんです。政治が、本来公平中立である行政を私兵化し、公務員でなくて主君のために仕える封建時代の家来にしてしまった。その原因は、総理官邸に権力が集中しすぎているためで、源泉は人事権です」
 内閣人事局が設けられ、各省幹部の人事を官邸が一手に握るようになった。政権が5年も続くと官僚人事だけにとどまらず、日銀総裁やNHK会長、最高裁判所の裁判官まで「総理の意向」が反映されるようになり、チェックが効かなくなっていく。
 自民党内でも、選挙の公認権を握られているから、安倍批判を口にできない。だれもが官邸の顔色をうかがうようになり、官邸そのものが司令塔になって、すべてをコントロールするようになったというのだ。これは由々しきことだろう。

 ときの権力におもね、詭弁を弄(ろう)して飼い犬のようにひたすら政治家を守ろうとする官僚たち。それは明らかに、国民に対する裏切り行為だろう。参考人になった柳瀬さんの姿が、いやに小さく見えた。





フォーク者イサジ式のCDを販売しています。
詳しくはこちら




 新聞オンライン.COMで日々の新聞が購読できるようになりました。
 
デジタルで新聞が読めます。 どうぞご利用ください。





 『このさんねん』を発行しました。
  定価は1部1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。
 詳しくはこちらへ。目次のページが見られます。






 お待たせしました。
 品切れのためSOLD OUTになっていた日々のブックレット『このいちねん』を再発行しました。東日本大震災以降の日々の新聞報道の原点ともいえる内容です。
  定価は1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。


 

 東日本大震災以降の日々の新聞の報道をまとめた『このにねん』を販売しています。
  定価は1部1000円(税込)+送料1部120円。希望者は編集室まで電話、FAX、メールでご連絡ください。



東日本大震災・原発問題に関する
皆さんの声をお聞かせください

hibi@k3.dion.ne.jp
お寄せ頂いた不安 や疑問は調べてお答えします。



当サイトに掲載の記事・写 真等の無断転載を禁止します。
「日々の新聞」に関するお問い合わせは

hibi@k3.dion.ne.jpまでどうぞ。

(C)日々の新聞社
〒970-8036 福島県いわき市平谷川瀬字明治町83
TEL・FAX 0246(21)4881



日々の新聞風の通 る家いわきクロニクルオンブズマン情報
編集後記田人お伽草紙草野天平の頁日比野克彦のページ
フラガールオリジナルショップ定期購読リンク集



 
ホームへ画面上へ